読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016 Jリーグ 1st 第1節 広島×川崎 マッチレビュー

早速、フロンターレ開幕戦のマッチレビュー書いていきます。

あんまり書くとネタが尽きるのでポイントを1つに絞ってお話します。

 

まず記念すべき第1回はフォーメーションについて分析しようと思います。

川崎らしからぬウノゼロ※1の真相を解説します!! ※1 0-1のゲームこと

 

今年は浦和・広島は怖くないのか!?

 

まずは開幕戦のスタメンはこんな感じです。。

f:id:avante_iwanta:20160228151806j:plain

図1 スタメン

川崎は、新戦力のソンリョン、奈良、狩野がスタメンを奪取。

昨年のスタメンの新井、田坂はベンチ。コミは落選。武岡は怪我(´;ω;`)

ベンチには、新戦力の原川、長谷川、森本、昨年ブレイクの中野、昨年唯一のCBだったイガが控える布陣。ネットはどうなんだろ…

 広島は、昨年とほぼ変わらぬ布陣で、ドウグラスの位置に茶島、水本の位置にりゅうちぇる佐々木が入り、ウタカ、清水、ジャガーなどが控える布陣。

 

ちなみにフォーメーションといえばこのような図で表示されます。

しかしこのような配置になっていることは、キックオフの時しかありません(笑)

この配置だと広島は3-4-2-1、川崎は4-4-2です。GKは普通は数字には含めません。

 

今回のマッチでは

川崎OF時(攻撃時)はこのようになります。

f:id:avante_iwanta:20160228165523j:plain

図2 川崎OF時(攻撃時)

ご存じの通り風間スタイルの攻撃は自由に動きパスコースを見つけることを攻撃の形にしていますので配置より流動的にはなります。

基本的には大久保がゴールの一番近い位置より1列下がりボールをもらい狩野、森谷、悠様が裏へ抜け出したり、相手を引き連れたりすることを目的としていました。

そうするとバイタルエリアが空くため、そこへ大久保が侵入しフリーで前を向くシーンがありました。

これを広島が修正し、中央を締めたのでサイドのスペースを憲剛が使う…みたいな攻防が攻撃時にありましたがそれはまた次回ということで…

 

本題のウノゼロを達成したDF時(守備時)については、このような布陣になります。

f:id:avante_iwanta:20160228165654j:plain

図3 川崎DF時(守備時)

ヤッヒー監督は広島を相当研究したようでここ数年カモにされていた3-4-3ではなく4-4-2で挑みました。

 

ヤッヒー監督がこの4-4-2システムに戻した点は2点あると考えます。

 

1点目は、

ミシャ式可変システムといわれる戦術への対策です。

簡単にミシャ式可変システムを説明すると、図2,3の広島布陣のように守備時は5-4-1、攻撃時は4-1-5となることで守備・攻撃とも5バック、5トップとなるような戦術です。

 

この戦術のキーマンは昨年のJリーグMVPの青山が攻守ともにキーマンとなります。

攻撃時は、この青山を経由し5トップに長短自在のパスを配給するのが文字通り攻撃の起点です。

ヤッヒー監督は、この起点を無効化する(ボールを回させない)ことを目的とし図4のように配置しました。4-1-5の4バックに森谷、小林、大久保、狩野の4人を目の前に配置し4-2-4のような形をとり、平面的に青山へのパスコースを遮断。青山は多少フリーにしておき(近くには誰かがいる)中の柴崎、茶島には憲剛・大島がつくというゾーンを敷いた。

 

f:id:avante_iwanta:20160228195554j:plain

図4 ヤッヒー監督の4-2-4

この場合、広島のビルドアップ隊の選択肢としては、罠である青山・柴崎・茶島に無理矢理通してリズムを作るかサイドの柏・ミキッチに通すかである。

中央に配給する場合は、珍しく適正な距離でコンパクトに4-2-4が形成できていたため、誰かがボールホルダーに行ける準備ができていたためほぼノーチャンス。

サイドへの配給はミキッチVS車屋、柏VSエウソンの形になる。

ここは広島との勝負で完全に負けていた部分で特にエウソンは相変わらずの守備力(´;ω;`)。昨年からここはウィークポイントで後半戦はアホほど狙われたので武岡が復帰すればエウソンを1列上げるとより安定するかも…

 

 

2点目はこのシステムがカウンターを狙いやすい点である。

まさに決勝点になる場面は、広島攻撃の起点青山へ無理矢理森崎が出したところを憲剛が奪取。作戦通りにボールを奪った時点で人数は広島5人(ほぼ4人)に対し川崎は6人で攻撃を仕掛けることができ、ほぼゴール確定のショートカウンターが成立。

 

ほぼ確や!!といわん太は叫んだのです。

 

f:id:avante_iwanta:20160228193401j:plain

図5 ほぼ確の配置

昨年までの守備時は5-4-1のゾーンで守っていたのだが、このシステムは基本的に人が前線にいなくなるためカウンターを狙いにくいのである。

 

この2点が見事にはまりウノゼロを達成!!ヤッヒー監督の作戦勝ち!!

 

…といいたいところだがすべてが機能した作戦かといえばそうでもなく、相変わらずセットプレイは不安定だし、サイドの攻防で押し込まれていたからこそコーナーの数がかなり増えたともいえる。ソンリョン様々である。安定感があるな!!さすが韓国代表GK!!次の湘南戦はまさにGKの真価が問われる試合になるのでそれはまたののちほど…

 

 

 

採点(10点満点)

1 ソンリョン 7.0   MOM 

さすが韓国代表GK!!素晴らしい安定感。川崎で無失点達成なら文句なしのMOM。

3   奈良    6.5

対人の強さを発揮。ビルドアップも無難にこなしていた。

5   谷口    6.5

昨年王者をゼロウノは見事!!金髪効果か?

18 エウソン  5.5

守備でお荷物に。攻撃でアピールするポジでの起用希望。

20    車屋    6.0 

攻撃のアクセントとなる。守備はミキッチのとのマッチアップで少しやられていたか?

10 大島    6.0 

攻撃時は、森谷への決定的パスを一本。飛び出す意識も向上しているが、目に見える結果がほしい。期待してるぞ。新10番!!

14 憲剛    6.5 

さすがの視野の広さ。後半にダイアゴナルパスを何度も通す。守備でも決勝点のカウンターの起点になる。

19 森谷    6.0 

長年の付き合い達とのコンビネーションはさすが。前半のリョータからのパスは決めてほしかった。

→9  森本   5.5 

中野からのスルーパスはシュートまでいってほしかった。これからパサーがどんどんパスを出すので強気で打ってほしい。

25 狩野    5.0

キッカーを務めるだけあってテクニックはかなりあるのだろう。しかし今日はロストが多かった。次回に期待。

→22中野    6.5

ヌメヌメドリブル健在!!落ち着いたアシストで決勝点をアシスト。その他にも森本にも惜しいスルーパスがあった。

11 悠様    7.0

3年連続弾!!新聞の一面を主役達から奪ったさすがのひとこと。今年は怪我しないでね。いや本当に…

→6  田坂      採点なし

13 百獣の王  6.5

積極性はさすが。広島に常に脅威を与えた。今年は悠様と得点王争いだ!!

 

課題はあるにしても、世界3位にウノゼロは今シーズン期待しちゃうじゃないか!!

アバンテ!!フロンターレ!!