読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016Jリーグ 1st 第2節 川崎×湘南 展望

 

いわん太です。

ホーム開幕が待ち遠しい…

 

今回は開幕戦を前に

  • 湘南と川崎の違い
  • 観戦のポイント

を書きたいと思います

 

 湘南ベルマーレのサッカーを一言で表すと

「パワーフットボール

です。

パワーフットボールとは、ドイツブンデスリーガで最近フューチャーされている戦術であり、レバークーゼンのシュミット監督考案の戦術です。

 

詳しくはこちらを↓

シュミット監督が挑む「パワーフットボール」革命 : コラム | J SPORTS

 

要はフィールドを自陣、中盤、敵陣の3分割した場合、常に敵陣でプレーしようというコンセプトです。

 

これだけ聞くと実は川崎とやりたいことは変わらないのです。

 

簡単に比較すると、

湘南は

中盤をすっ飛ばし、ロングボールで運び素早く敵陣へ。ボールを失ってもハードプレスでセカンドボールを回収し攻撃回数を増やすのがコンセプト。

川崎は

しっかりビルドアップし確実にボールを保持する。敵陣で失ったらすぐ奪い返し、ダメなら中盤でコンパクトなゾーンディフェンスを敷き敵陣内でボールを支配したいのがコンセプト。

 

しかし川崎は中盤をコンパクトにしボールを奪いたいのに湘南は中盤は飛ばし素早く前線へというところが噛み合わないところ。

 

なのでこの試合のポイントは、川崎が

セカンドボールを回収できるか

と湘南の

ハードプレスを突破できるか

がポイントだと思います。
 
 
そこで2人のキーマンを挙げたいと思います。
 
1人目は

新10番りょーた

です!
 
セカンドボール時の回収役であり、ビルドアップ時は最終ラインまで下がりボールを動かす。まさにこの試合のキーマン!!1対1のことを考えると原川も期待なのだがまだフィットしてないのかな…
 
 
2人目は前節いわん太採点MVPの

ソンリョン

です。
 
湘南は前3人が素早く詰めてくるので、GKを使ってビルドアップがスムーズにできると昨年の二の舞にはならないと‥
(昨年のホーム戦前半は、まともにビルドアップができなかったからな…)
 
 
 
ちなみに前節湘南はカウンター2発で負けています。
湘南は攻撃時敵陣に7~8名配置するため特にサイドのカウンターに弱いところもあります。ヌメヌメ中野にも期待しちゃうな!
 
こんな点でホーム開幕戦を見てみるのもいいんじゃないでしょうか!!
 
では今年も等々力劇場を期待して!
がんばれ川崎!