読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016Jリーグ 1st 第3節 川崎×名古屋 マッチレビューその1

いわん太です!

 
いい響きですね。マッチレビュー始めます。
スタメンはこちら

f:id:avante_iwanta:20160313161746j:plain

図1 スタメン
 
(川崎)
しかしスカパーオンデマンドアプリの長谷川情報はなんだったんだ…
たぶん背番号16→10を知らなかったんだろう(笑)
 
そして悠はインフルで欠場。
この代表帰りのタイミングは…焦る!でも怪我じゃなくてよかった。
悠の変わりは狩野で左に森谷。その他は予想メンバーと同じ。
 
ベンチは、新井、井川、田坂、橋本、中野、ミヨッシー、森本。
橋本が入ってますね。
 
(名古屋)
結局、田口は出場。トップ下にここ2試合存在感があまりなかった矢田から松田に変更。その他はスタメンに変更なし。
ベンチに明神と野田がいますね。
 
試合のポイントを3点挙げていたので、そこを中心に進めたいと思います。
  1. 永井のポジショニング
  2. ラインコントロール
  3. バイタルの攻略

でしたね…

まずは、この日の基本配置。

f:id:avante_iwanta:20160313162023j:plain

図2 攻撃時配置
 
名古屋は開始こそ前からプレッシングしてきましたが、2分ももたず撤退。
その後、車屋、谷口の両サイドバックが高い位置を取り永井の位置を強制的に下げさせる作戦?に出ました。
そして前の4人(嘉人、狩野、森谷、エウソン)がバイタルエリア付近を自由に動きまわる。そして…
 
1-0!
嘉人がバイタエリア前まで下がり飛び出したエウソンにスルーパス。飛び出してきた憲剛とワンツーしてエウソンのコントロールショット!!期待していたエウソンが早速結果を出し幸先のよいスタート。
 
得点後もしばらくはパスもよく回るし、ほぼ敵陣でプレー。
余裕の展開かと思われたが…
 
1-1
あっけにとられるようなゴールで同点。
この場面を検証しましょう。
静止画で見てみると…

f:id:avante_iwanta:20160313164528p:plain

 
人数は足りてますね…
落ち着いて…

f:id:avante_iwanta:20160313164630p:plain

 
エドゥさん…やらかしてます。
 
この後は、
巨人&高橋「あれっ…なんかスペース空いてる!!」
 
と言わんばかりにこの間のスペースに飛び込まれ股抜きシュートでTheEnd
このエドゥの戻れない時間、約1~2秒…一瞬の判断ミスでしたね。
 
まあデビュー戦ですから大目に見ましょう。
合流して間もないですし連携不足もしょうがない。
その他はかなり可能性を感じるプレーが多々ありましたし…次回に期待してます。
 
その後は、バイタルを攻略できず疑似6バックにサイド攻撃を封じられ前半終了。
バイタルエリアを拡大する効果のある裏抜けを得意とする悠の不在を感じてしまう前半でしたね。
 
またポイント3点に関しては、
  1. 永井は封じ込めた。
  2. 一回だけやらかした。
  3. まだまだだった。
後半はその2に続きます。
 
 
 ↓また前後半かよ!…と思った方ご協力お願いします。


にほんブログ村

 


にほんブログ村