読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016Jリーグ 1st 第3節 川崎×名古屋 マッチレビューその3

いわん太です。その3です。

小分けになってしまい大変申し訳ありません。

なんだか好き勝手書いていますがフロンターレを好きの戯れ言ことですので多目に見てやって下さい(笑)

 

さあいよいよ等々力劇場のクライマックスです。

リードを許したため、2枚目のカードを切ります。

中野in→奈良out

これはいわん太としては意外な一手でした。てっきり森谷かと思っていましたが、谷口が機能していないことを考えるとしょうがないのかなという交代でした。

エウソンをサイドバックにし森谷を右ハーフ、中野を左ハーフに配置。

これで勝負をかける。

右サイドに森谷、エウソンになったことで右サイドが活性化されたが同時に守備が崩壊することを意味します(笑)

シモビッチのマークが谷口になり、ポストプレーが効果的に機能するようになったのは偶然ではないはず。何度もポストプレーでちらされピンチを招きます。

確かにミスはあったが奈良ちゃんのままでよかったのでは…

そして車屋はもはやウイングと化しており、何度も攻撃を試みるが決定的チャンスには結びつかない。

そして何度もその裏を使われる…

昨年幾度となく見た光景で今年もか…と等々力中に溜め息が漏れる。

これまたなかなか決まらないCK…もう無理かなと諦めかけたその時…

 

百獣の王「苦しいの俺やろ!!」

と言わんばかりの…

2-2!

ショートコーナーからの嘉人!!

さすが!!

ほとんど今日は消えてたのに、ここぞで決めるこれが川崎のヨシト!!

憲剛と嘉人のこのベテランコンビが川崎を何度救ってきたことか!!

まさに阿吽の呼吸。あの鬼気迫る感じ…百獣の王の名は伊達じゃないですね!

 

しかし、攻撃が活性化するかと思っていた矢先…

ラインコントロールできてませんね…

f:id:avante_iwanta:20160314000853p:plain

その後永井に抜けられ…

f:id:avante_iwanta:20160314001235p:plain

助かりましたね…

それにしても前半あれだけ抑えれた永井に後半は無双されております。

というかカウンターという場面の脅威は半端なく、シモビッチとのコンビは恐ろしいですね。

 

そして劇場の終焉は

我らが14番中村憲剛!!

森本からのポストプレイで頭脳的なミドル!!

3-2!

ウーイェイ!!最高!!

やっぱこれだけ固められると、ミドルが効果的なのはよくわかってらっしゃる!

これがあるから川崎ファンはやめられませんな(笑)

 

そして森本!2試合連続いい仕事しましたな!!

 

 

そして残り5分は巨人達の猛攻を受け、生きた心地がしないまま逃げ切り終了。

接戦を制した川崎が2009年ぶりの首位となった訳であります。

 

 

(総括)

勝ててよかったという試合。

とにかくバイタルエリアとサイドが崩せなかった。

名古屋の擬似6バックは、かなりの強度があり、対ポゼッションチームはかなり苦戦するのではないでしょうか。

おそらく監督のやりたいサッカーとは違うが、永井、シモビッチなど各選手の個性が生かされた素晴らしチームを作っていると素直に感心しました。

自分達がボールを握ることになる格下とやる試合ではどのようなサッカーを見せるのか注目してみたいと思います。

 

一方川崎は、ここ2試合先制するもあっけなく同点、そして後半には一点を追いかける展開になっていることです。

正直なところリードされている状態でカウンターを食らうのはしかたないと思っていて、その中で同点、逆転できたことは凄く評価できます!

川崎のストロングポイントは正確なビルドアップと敵陣内でのボールを失った後のセカンドボールの回収するプレスです。かなりレベルは高いと思います。

 

後はゾーンディフェンスを自陣でもしっかりやること。つまり適切なポジショニングをしっかりとチームとしてとれるか。(これには暫く時間かかるでしょうが)

引いた相手のバイタルを崩すことができるか。崩せればおのずとサイドが生かせるはずです。次節は特に重要になると思いますので期待ですね。

 

では採点です。

 

1.ソンリョン 5.5

…次節要確認です。スーパーセーブは認めますし守備に問題あることも認めます。但し、同様パターンの失点があれば…

2.奈良 6.0

たった1つのミスが流れを変えるということを学んだ試合。全体としてはシモビッチの担当をしっかりできていたと思う。

23.エドゥアルド  6.0

1ミスは減点。しかし、それ以外では今まで川崎の最終ラインになかった高さとミドルレンジのパスが光る。フィットすると大きな武器になる予感。柏が何故出したか分からないほどの逸材。

5.ショーゴ 5.0

後半の永井無双を止めれず。エドゥの台頭でCBの序列だと3番手に降格か…

20.車屋 6.0

悪くはなかったが1on1で矢野に勝てず。しかし、今の川崎の重要な役割を担う存在に。次節は期待!

10.大島 6.0

守備時のポジショニングの悪さは相変わらずだが、攻撃面ではおしいミドルが一本。バイタルエリアで前を向ける存在になり得ると期待している。

14.憲剛 8.0 MOM  1ゴール  2アシスト

文句なしのMOM。全得点に絡む活躍で、勝負所を見極めた戦術眼はさすがの一言。うーいぇい!

18.エウソン 6.5   1ゴール

やはり前で生きる選手。守備は目つぶりますのでどんどんフリーランニングで相手を脅かしてほしい!

19.森谷 6.0

このポジションでやる以上、目に見える結果がほしいところ。繋ぎ役だけでは物足りない。

25.狩野 5.5

森谷と同様まだまだ決定的な仕事がこなせていない。キックの精度を生かしたプレーを出してほしい。

13.嘉人 7.0   1ゴール

 苦しい時に決めてくれる頼りになるエース!!次のメモリアルゴールは笑顔で迎えてほしいね!

9.森本 6.5  1アシスト

ハーフタイムプレーヤーとなっているが徐々に昔の得点感覚が戻ってきてるような…おしいシュートはトラップまでは見事だったのであとは決めるだけ!

奥行きをもたらすザCFタイプは川崎に無くてはならない存在になるはず!!今日はポストプレーでいい仕事した!

22.中野 6.0

可もなく不可もなく。中野には車屋のような積極的がほしい。まずは自分で突破してシュートを打つという意識がほしい。その能力はある。あとは判断力の問題。

4.イガ  採点なし

チョンマゲ(笑)

 

ヤッヒー監督 6.5

選手交代はバッチリのタイミング。悠の穴を90分通してうまく埋めたと思う。

あとは自陣でのゾーンの確立のみ。

 

 

さて次はクリスチャーノ率いる甲府。何やらまた巨人が加入かもとのこと…調べますか。

何はともあれ首位は首位!!

長々と3部見て下さった方ありがとうございました。

 

↓次は短くまとめてねと思った方。ご協力お願いします。


にほんブログ村
にほんブログ村