読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016 ナビスコGS第2節 川崎×福岡 展望 簡単に

いわん太です。

悠がハリルジャパンデビューしましたね!
短い時間でしたがこれからの飛躍に期待です!
 
(と書いておりましたが離脱とのこと…(泣)悠の気持ちを察すると残念で仕方ありませんがフロンターレで結果を出し続ければすぐ呼ばれます!!がんばれ悠!…以上追記)
 
U23でも原川、奈良も出場し勝利に貢献しております。
 
残り組も負けてられません!
 
それではアビスパ福岡戦の予想スタメンです。
じゃん!

f:id:avante_iwanta:20160326181653j:plain

(川崎)
ずっとスタメンだった森谷、車屋に変え、コミとミヨッシー!!
長谷川くんはドリブルスキルを生かすべくサイドで出場。
スタメンで出場が続くのは、エウソンとショーゴ。森本も代えのきかない存在に。
 
(福岡)
ウェリントンや城後といった主力は引き続き出場予定。中3日が続き疲労的にどうか気になるところ。そしてサネ。相手チームにいるのがなんとも複雑な気持ちですが拍手で迎えてあげましょう。
 
福岡のチーム概要は、オーソドックスなゾーンで守り、ウェリントンロングフィードで預けるのが主なパターン。4バックも3バックも使うことがある印象で今回は3バックとの予想。U23の亀川や金森が不在のため、戦力的にダウンしている。ターンオーバーできる戦力を持ち合わせてないところが井原監督の辛いところ。
 
 
(展望)
今の川崎のクオリティーを考慮すると前回の横浜戦のように相手を押し込む時間帯がかなり長くなると思いますので先制点をいかに取るかに注目したいです。
 
 (ポイント)
森本とミヨッシーのポジショニング。
 
森本のプレースタイルはペナルティエリアの中で発揮されるタイプのプレーヤーです。
 ミヨッシーとしては、森本が前線に張り付きCBを固定している少し後ろでボールを受ける状態が続いているといい関係が築けていると言えます。
 
このミヨッシーのポジションは中盤のポゼッションに加わるため中盤に降りボールを受けたり、両サイドハーフがポゼッションに加わった時の空いたスペースへのポジショニング等も意識もしなければなりませんし、森本が下がってボールを受けている時は裏へ抜け出しフィニッシャーになることも大切です。とにかくやることが多いのです。
ここが上手いかなくなると攻撃が循環しなくなるでしょう。
 
やることは多いですがミヨッシーペナルティエリアの近くで前に向く機会が多いとチャンスになります。
それはつまり何度もいっている
を攻略することと同意語なのです。
 
そして、長谷川、ミヨッシーはテクニックが高いと思うのでリラックスしてプレー出来れば前を向けるチャンスが増えると期待しています。
 
余談ですが、嘉人はフォワードのイメージがあるかと思いますが実はトップ下の役割をかなりこなしています。(ボールに触れてリズムを作るタイプというのもありますが…)
ボールを受けた各スペースでボールをキープし前を向く。そしてそこからタメを作り、裏へ飛び出した味方にダイアゴナルなパス(斜めの)などでチャンスを創り出せる仕事をしつつ、クロスやスルーパスへの反応しゴールを奪うことができる役割つまり、トップとトップ下の間の
なのです。
 
このセカンドトップというポジションは川崎のスタイルにおいては得点チャンスが多く巡ってくる大切なポジションなのです。ミヨッシーの活躍に期待しましょう!!
 
がんばれ!フロンターレ
 
 
↓おいハリル!もっと悠にチャンスやれ!!と思った方ご協力お願いします。
 
(そして悠がんばれと思った方!是非、クリックお願いします!…以上追記)


にほんブログ村

 


にほんブログ村