読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016 1st 第5節 川崎×鹿島 展望

いわん太です。

鹿島戦の展望です。

まずはスカパーオンデマンドの予想スタメンはこちら!

じゃん!

f:id:avante_iwanta:20160401033345j:plain

(川崎)

一応この並びが本当ならという前提ですが悠が左サイドで森谷がトップ下の意図するところは…なんとなく悠と森谷は逆のような気もしますが。

そしてリョータは間に合わなかったようです。また、代表組みも先発に名を連ねています。長谷川、ミヨッシーはどうなる?

(鹿島)

ベストメンバーではないでしょうか。メンバーを見る限り現役、元代表クラスがズラリと並び若手もどんどん育っていてる印象。特に左手のカイオが恐いですね。ジョーカーとして鈴木が控えるか。

 

ドルトムント化が進む川崎フロンターレ

さてこの予想スタメンと並びを見た時に考えられたことが2つあります。

①森谷と悠が逆なのではないかということ。

②もしこの並びが本当なら悠が左にいる意味は?

ということです。

前者は、今まで通りの4-4-2の中央突破型です。

こんな感じです。

f:id:avante_iwanta:20160401040850j:plain

嘉人が下がり気味でバイタルに入り、悠が裏抜けを狙う。回りの森谷、エウソンもボール受けと飛び出しをバランスよく連携し、SBは中央に固められた横を駆け上がりクロスを供給する。と言った攻撃パターンは今季川崎の基本型です。しかし車屋からの崩しはここ最近は見られない。

 

そして後者の場合こんなことを妄想してしまいます。

じゃん!! 

f:id:avante_iwanta:20160401043654j:plain

タレント力では雲泥の差があるにしても昨年夏にウォーミングアップでボコボコにされたドルトムントを連想してしまいます。

(ただしここでいうドルトムント化は攻撃時とプレッシング時を意味します。自陣にいる時はドルは4-1-4-1、川崎は4-4-2です)

なので模倣しているというよりもやりたいことがドルトムントに近くなったという印象です。

ネットはアンカー位置に表記していますが、憲剛がビルドアップをするかもしれません。ただ憲剛の攻撃力を生かすのはネットがビルドアップしたほうがより攻撃的になると思います。その辺は憲剛がバランスをとるでしょう。

そしてこうなった場合に何が起きるというとこんな感じです。

f:id:avante_iwanta:20160401045108j:plain

このパターンだと斜めに飛び出す質が向上します。悠、エウソンと飛び出す人を明確にすることで相手を引き付ける=ラインを下げる=嘉人たちがバイタルで前を向かせたい狙いがあると考えます。

そして本家でもお馴染みの攻撃パターンは左右のウイングが中央に寄って空いたスペースを使ってサイドバックがえぐるパターン。

それとドルトムントでは香川が得意とするダイアゴナルパス(ゴールに逃げるような斜めのパス)を飛び出した悠、エウソンやサイドバックに通すことが出来れば最高です。

しかしサイドバックが高い位置なのでショーゴがいかにリスク管理しながら飛び出せるかがポイントでしょう。

つまりナビスコで見られなかった裏の飛び出しを見せつつ中央突破しつつサイドをえぐれれば得点の臭いがしてきます。

最後のほうは完全に妄想が入りまくっていますが、このメンバーなら再現できる気がしています!

とにかくどんな形であれ勝利が絶対!!

がんばれフロンターレ!!

 

↓いやいや考えすぎでしょ!と思ったかたご協力お願いします。


にほんブログ村

 


にほんブログ村