読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

ドルトムントになれなかったフロンターレ 2016Jリーグ 1st 第5節 川崎×鹿島 マッチレビュー その1

いわん太です。

ギリギリ勝点1取れたといった試合でしたね。メンバーが急遽変更になった等あったらしいのでまあ最低限の結果を出せたのではないのでしょうか?
 
それではマッチレビューです。
まずはスタメンはこちら。

f:id:avante_iwanta:20160403163506j:plain

 
(川崎)
武岡がようやく復帰。しかし嘉人がベンチスタート。車屋、リョータがベンチ外。森本、悠のコンビは初。しかも森谷がリョータの位置でプレーも今季初といったメンバー構成となっております。

(鹿島)
予想メンバー通りベストメンバー。ナビスコは神戸に4失点。代表の昌子、植田のCBコンビとボールが収まる金崎が復帰してどうクオリティーがどう上がるか。
 
【見所】
展望でもお話しした通り、ドルトムントのような攻撃ができるか。つまり今年の売りである
①正確なビルドアップから相手を自陣に押し込み、ボールを失っても前線でボールを回収し攻撃し続ける中で1点を取れるか。
②崩し方は裏抜けと中央とのコンビネーションからのサイドアタック。武岡、谷口の両サイドがえぐってマイナスのクロスを上げることができるか。
がポイントでした。
 
【試合】
10分くらいまで鹿島が前線からプレスをかけます。そして、中々ビルドアップさせてをもらえずロングキックを蹴らされてヘディングで競り負けるパターンが続いていました。
それにしても鹿島は全選手アジリティが高いですね。
そしてスタミナのことを考えてか少し鹿島が4-4-2ゾーンをセットして守備をすることが多くなりました。
 
そして川崎は憲剛を中心に悠の裏抜けを使った中盤からロングパスを多用してゲームを組み立てます。
対する鹿島はCBからサイドハーフへのロングフィードで前線へボールを供給します。
 
そして…
0-1
唖然としてしまいました。
谷口がコーナーフラッグ付近で混戦からクリアしたがミスキックしゴール前にハイボールを送ってしまいカイオに決められてしまいました。
まあ呆れるしかありませんでしたがこんなこともあるでしょう。ショーゴは忘れるしかありません。
 
その後も鹿島のゾーンディフェンスを崩せずにいましたが…
1-1!
悠からの飛び出しをエウソンが押し込み同点!!
 この場面を検証すると

f:id:avante_iwanta:20160403202547p:plain

まずはビルドアップ時。
いったん敵陣から自陣へ戻して相手のディフェンスラインが下がっている状態でセンターバックの間に森谷が入りボールを受けているところです。鹿島のラインは4-4-2はこんな感じです。
 
そして…

f:id:avante_iwanta:20160403202636p:plain

そして森谷に柴崎がプレスへ行こうとした瞬間すかさず森谷が田坂に縦パスを入れます。サイドハーフの二人が中央に絞っているのが特長です。悠はゆったりと構えています。この時、右サイドの遠藤がディフェンスラインに吸収され5バックのようになっています。
 

f:id:avante_iwanta:20160403202705p:plain

バイタルに入った瞬間です。植田が前を向かせないようにタッピーに詰めています。
ここからタッピーの完全な個人技でワンタッチでマークをずらし反転しながら悠へスルーパスを通し、エウソンが詰めてゴール!!

正直、映像で確認したらオフサイドでしたがそれでもこの悠の裏への飛び出しは強固なディフェンスラインを無効化する必殺技ともいえる川崎の武器ですね!
 
後半はその2にします。
 
↓また前後半ですか!と思ったら方ご協力お願いします。
 


にほんブログ村

 


にほんブログ村