読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

似た者同士の多摩川クラシコ!? 2016Jリーグ1st第7節 FC東京×川崎

いわん太です。

いよいよ多摩川クラシコです。
昨年は見事な逆転敗けをしておりますので今年は負けられません!
それではFC東京戦の展望です。
 
まずはスカパーオンデマンドの予想スタメンはこちら。

f:id:avante_iwanta:20160414203841j:plain

(川崎)
怪我人が戻ってきて開幕戦のメンバーに戻りました。狩野と悠の位置はおそらくこの位置なのでしょう。開幕戦との違いはそこか。

(東京)
こちらもベストメンバー。新外国人ムリキと平山はおそらくベンチスタートか。



昨年とは違うFC東京~似た者同士の対決!?

FC東京は今年からから城福監督が復帰してスタイルが一変しました。ボールを持ちながらボールを動かしゲームを進めたいコンセプトらしいです。ただし今のところは上手くいっていないよう。

理由は、いくつもあるのですがそれはそのサッカーをするタレントが少ないというのが本音だと思います。やはり昨年のあの守備的な戦術を一気に攻撃的にするのは容易ではないです。

そしてこのようなボールを保持しながら主導権を握ろうとするサッカーは川崎も志向しているところではありますがここ数試合できていません。
それは、何回もこのblogで紹介している
①ビルドアップができない
②敵陣でのボールの回収ができない。
ことです。

湘南戦以来のこのスタメンとなりますがこのメンバーの場合、ボールポゼッションを出来るクオリティは湘南戦で証明済です。

①に関してはリョータ、憲剛のコンビなのと東京のプレスがチームとしてそこまで確立できていないためここは問題ないと信じています。

問題は②のボール回収。
これは前線に選手を置きすぎない(飛び出しすぎない)ことがポイントですのでサイドバックの位置と狩野、嘉人のポジョニングが重要なポイントですのでじっくり見ましょう。

また狩野をCFに置いた理由は、ナビスコの新潟戦で見せたダブルゼロトップの再現ではないでしょうか?嘉人が少し前目で狩野とバイタルを攻略するのが狙いです。
ただし、前回の名古屋戦は嘉人と組むと狩野は少し合わせようとしすぎてポジションが被っていたため飛び出す役割とボールを受ける役割をコミュニケーションよく取ってやってほしいです。(このチームは嘉人のチームと言っても過言ではないためしょうがない部分はありますが…)

まあそもそも悠が前の可能性も全然あるのでなんとも言えませんが再チャレンジするのにも一興あるかと思います。狩野のポジションに注目しましょう!

怪我人も戻ってきてそろそろ川崎らしいサッカーに期待ですね!それでは怪我には気を付けて…

がんばれ!!フロンターレ!!


 
↓味スタでの昨年の借りは返す!!と思った方


にほんブログ村


にほんブログ村