読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

勝つも負けるも劇的なフロンターレ 2016ナビスコGS第4節 柏×川崎 マッチレビュー

いわん太です。

今日の敗戦でGSは1勝1分2敗 勝点4。

残り2試合を勝利し勝点10でギリ突破できるかと言ったところ。

他力本願的にはなってしまいますが残りのAWAYの鳥栖とHOMEの仙台戦に勝利し結果を待つしかありません。

残念な結果でしたがマッチレビューしたいと思います。

スタメン

f:id:avante_iwanta:20160420215739j:plain

(川崎)

予想通りナビスコ前節の新潟戦から少しだけメンバーをいじった布陣で、ノボリに代わり中野とコミに代わり車屋。

サブは新井、ノボリ、エウシーニョ、田坂、憲剛、森谷、小林といった臨戦態勢。

(柏)

予想からは少し代わりディエゴオリベイラがスタメン。ベンチには武富や茨田、伊東純也なのスタメン級が控える布陣。

展望

①川崎、柏ともサブ組がメインのメンバーのため完成度・戦術理解度どの程度まで浸透しているか。

②互いにボールポゼッションを得意とするチームですので、優位に立つには中盤でボールを奪いショートカウンターする数を増やすこと

の2点がポイントに挙げていました。

試合・総評

まずはこの日の柏の並びの確認で、少し特殊な動きをしていました。

まずは柏のボール保持時の並びを見てみましょう。

f:id:avante_iwanta:20160420223802j:plain

上記の通り川崎の4-4-2ゾーンに対して右サイドバックの湯澤は高い位置を取るが、左サイドバックの中山は基本的に最終ラインに入りビルドアップに参加します。そして中盤は全体的に左にずれ込むようなイメージです。

次に川崎のボール保持時を見てみると、

f:id:avante_iwanta:20160420223843j:plain

柏の4-4-2ゾーン対し、両サイドが上がり原川、ネットのどちらかCBの間に降りてくるお馴染みのパターン。

どちらも最終を3枚にして相手の2人のプレッシングに対して数的有利を作ってビルドアップするのが目的です。

なので前半は川崎のミヨッシ+狩野+橋本の運動量で柏の3枚に対しプレッシングできていたが、試合が落ち着くにつれ両者ともにボールを保持する展開が続いていましたが…

1-0…

まさかの本日ゲームキャプテンの谷口のミスであっけなく均衡は破れてしまいました。そして歯車が狂ったままの谷口は試合終了までパスを連発。完全に狙われていました。ちなみにそれは武岡も同様。パス素直すぎ、読まれまくっていました。

後半は、狩野に代えてノボリ。右に中野にし橋本をトップに組み直しが、よりいっそう流れが悪くなってしまった印象。代えるなら中野だったかな…

流れが悪くなる一方なので仕方なくたまらず憲剛を投入。そうすると流石は憲剛。まるで元イタリア代表のピルロの様にロングフィードでゲームを立て直します。コンパクトな4-4-2にはこの対角線のロングフィードと言う欧州最先端の戦術を体現してしまうキック精度は流石です。それに呼応するようにネットもロングフィードを繰り出すようになり流れが川崎に戻ってきました。

そして…

1-1!

橋本のコーナーをネットの来日初ゴールで同点となりました。

ここでいわん太は、このイケイケの流れ読みしたり顔で

「中野→悠や!」

と叫んだのですが

しかしヤッヒー監督の選択は中野ではなく橋本。恐らくヤッヒー監督は、この試合に関しては中野を90分使うことを決めていたのかもしれません。ただこの日もヌメヌメドリブルは見られず…覚醒までには時間がかかりそうです。

しかし悠も入り得点の予感はあったもののゴールまでには至らず。

そして最後には逆等々力劇場の終演となるヘディングを途中出場の武富に決められ、またも柏の前に屈してしまいました。


(谷口について)

谷口はリーグ、ナビスコとも全試合出場しています。それでも休ませることのできないのが今川崎の台所事情。イガ、コミ、車屋、リョータが相次いで離脱したのをきっかけに、谷口は様々なポジションをこなし勝利に貢献してきました。そして追い討ちをかけるように熊本に震災があり、心身ともに疲弊しているとことも痛いほどよく分かります。

しかし、ここは谷口にとって踏ん張りどころです。

大卒からプロ1、2年目順調にキャリアを積んでいます。憲剛がいない時ゲームキャプテンも務めるまでに成長し、川崎での活躍とポテンシャルを評価され日本代表にも選出されました。

しかし今期はCBには本職の奈良、エドゥ。ボランチには、ネットや原川が加入しポジション争いが激しくなりました。

そんな中、各ポジションの怪我で離脱した穴埋めをしていく内に、

「どのポジションが自分の適正?」

なんて思っているかもしれませんが、いわん太的にはハリルも認めた

「アンカー」

がどうみても適任です。

ただし、今のままではスキルの面での優位性はあまりありません。これから谷口が磨かなければならないのは、

ロングフィード

ミドルシュート

です。

これはリョータにもまったく同じことが言えますがこの川崎のスタイルを続ける限り間違いなく武器になるのがこの2点です。

ロングフィードは長老がこの試合で披露した通りで、ロングシュートは川崎ならずとも日本代表でも積年の課題となっているポイントです。

以上老婆心ながらイケメン谷口の行く末を見守りたいと思います!

がんばれ谷口!!

ここを乗り越えば明るい未来が待っているぞ!!


それでは採点です。今回は負試合なのと時間がないため省略します…

採点 10点満点 平均は6.0点 

1.ソンリョン 5.0

2.奈良 5.0

5.谷口 4.0

がんばれ!やれる男だと信じてる!とりあえず浦和戦は休み次回に備えること!

17.武岡 4.5

20.車屋 5.5

15.原川  5.5(▽64’)

21.ネット  6.0  1ゴール

7.橋本 5.5(▽72’)  1アシスト

22.中野 5.0  覚醒を期待。

25.狩野  5.5(▽46’)

26.ミヨッシ  5.5   次回の爆発に期待です!

2.登里 6.0(▲46’)

14.憲剛 6.5 (▲64’)ピルロ!ほんと凄い!

12.小林 5.5(▲72’)

ヤッヒー監督 6.0   中野の件は親心だと信じています!



↓…リーグ戦に切り替えや!!と思った方ご協力お願いします。


にほんブログ村

 


にほんブログ村