読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

百獣の王と風間流連動性の考え方 2016Jリーグ1st第13節 新潟×川崎 展望

いわん太です。

ナビスコは残念な結果になってしまいましたがリーグ戦は首位キープです。

気を取り直してリーグ戦に集中していただきたいです。

ではスカパーオンデマンドの予想スタメンです。

スタメン

f:id:avante_iwanta:20160519210633j:plain

(川崎)

リョータ、原川が不在のため憲剛を一列下げた4-4-2に戻す模様。右に田坂の予想スタメンだがナビスコを見る限り調子はまだまだ戻ってきていないところが気がかり。


(新潟)
こちらも4-4-2。キーマンはもちろんレオシルバと小泉のダブルボランチ。指宿の存在も気になるところです。

展望

とにかく相性の悪いビッグスワンでの新潟戦ですが、それは今シーズンのチームには関係のないことです!!

そして悠が相性がよいので爆発に期待です。

どちらもやりたいことが似ているので、毎試合になりますがプレスを剥がしボールポゼッションをすることに尽きると思います。

そしてこの試合の最大のポイントは、嘉人のゲームメイク力だと思っています。

4-2-3-1はあくまで4-4-2の派生型です。違いは2トップの1人の役割がよりフィニッシャーよりかパサーかの違いで表記が変わります。

風間サッカーを体現するにはビルドアップの正確さバイタルエリア流動性が不可欠です。つまり2トップとビルドアップの距離感がすごく大切なので嘉人が少し下りバイタルで受けて攻撃にアクセントをつけ、そのスペースをノボリや悠が使う関係が見られれば攻撃として機能していると言えます。
嘉人が下がることはよくないみたいなことをいう解説をたま聞きますが、あくまでそれは下がる位置とタイミングの問題で基本的に風間サッカーでポジションの連動性(出して動くを繰り返す)がなければ攻撃を単調にする要因になります。
このへんは憲剛は熟知しているところもあるのでバランスを見ると思います。

そしてもしチームとして嘉人を下げさせないのであれば両サイドの二人のバイタル攻略が不可欠となります。

嘉人がゲーム作りに参加するかしないかで試合運びが変わってくるかと思います。

まあどんな形であれ勝点3!この強い気持ちを持って頑張ってほしいです!

(余談)
いわん太的には、ミヨッシはスタメンに入るだけの実力があると思います。あのバイタルで前を向ける技術とチェインジングする運動量。1ゴール取れれば何か変わる気がしています。
バイタルで受けた後の判断力は改善の予知はありますが、シンジ・カガーワのようになれる逸材だと思って応援しています!何より下部組織出身ですし、気持ちが見えていいですよね!将来のバンディエラ候補ですし、早く海外にもいってほしい気もします。それはそれで寂しいですが(笑)

6/4はサイン会に応募してサインを貰うというミーハーぶりを見せるいわん太であります。

余談がながくなりそうなのでこの当たりでやめておきます。

では…

頑張れフロンターレ

 

↓ただのミーハーやないかい!!と思った方ご協力お願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村