読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

狂った歯車を元に戻すには 2017Jリーグ 第6節 札幌×川崎

いわん太です。

やはり攻撃が噛み合いませんね。

 

広州戦から中3日なので体調を整えるので精一杯といったところでしょうか。

 

歯車が噛み合わない攻撃陣をどう噛み合わせるのか。

鬼木さんの手腕が問われるところです。

 

それではスタメンです。

 【スタメン】

f:id:avante_iwanta:20170416224513j:plain

札幌は、甲府と同様のシステムである5-3-2。ただし、甲府は、3センターがべた引きだったのに対し、札幌は積極的にプレッシングをかけてくるあたり同じフォーメーションでも、チームコンセプトは違います。

川崎は、4-4-2のようにも見えましたが、ハイネルが戻るか戻らないかによって見え方が違ったかと思います。表記上は3-4-2-1だったかと思います。

それにしても元・川崎の選手多いな!!

【試合のポイント】

①タッピーの役割について

②攻撃陣の歯車を元に戻すには

 

①タッピーの役割について

今回は、タッピーのポジショニングについてお話ししたいと思います。

 

この日の並びは3-4-2-1。スタートのタッピーのポジションはCBの右でした。

4バックにも見えていたかもしれませんが、それはタッピーとハイネルの関係性とタッピーのプレースタイルによって、どちらとも言えます。

 

このポジションは通常であれば、奈良ちゃんのポジションなのです。実際に後半は、奈良ちゃんでした。

何故タッピーをこのポジションに抜擢したのか。それは、タッピーのゲームメーキング&スルーパスの能力を買われてのことです。ビルドアップ時のポジショニングは、こうなります。

f:id:avante_iwanta:20170416230029j:plain

ビルドアップ時にはタッピーはこのポジション。つまり、サイドバックの位置を取ります。前回の甲府戦は、このポジションで攻撃に厚みを持たせることができず、単調な攻撃に終始してしまっていたので、真ん中に寄りながらゲームメークするタッピーの特性を生かしたかのだと思います。ただ、効果的に機能したかというとまずまずといったところ。惜しいミドルがありましたが、チャンスは作りだせませんでした。

 

後半は、右ウイングバックに移動。

f:id:avante_iwanta:20170416233048j:plain

 

意図は、ハイネルをシャドー気味にして、自由を与えてあげました。

同時にタッピーはより真ん中に入るポジショニングを取ります。そうすると憲剛との距離が近くなり、2人でコンビネーションでボールを動かすことができていました。

 

一般的な、ウイングバックのイメージは、サイドを縦横無人に上下運動するといったところでしょう。

タッピーは、

・ボールを失わないこと

・中に絞ってゲームメイクできること

・スルーパスが出せること

・フィジカルも強い

この点において、通常のサイドの選手とは一線を画しており、Jリーグではかなり過小評価されているプレーヤーだと思っています。

攻撃陣の歯車を元に戻すには

 今日見て感じたことは、

うまい選手=意思の疎通のできている選手は近くにいるべきだなと感じました。

今の選手を見ると、個人技で打開する=サイドをごり押しでぶち抜いていくのは、効率が逆に悪いのかなと。

いわん太の考えるポイントは、うまいやつが近くにいること1ボランチの採用です。

とにかく苦戦しているのが、5-3-2ブロック。

 

川崎には、1トップができる人材がいません。これは2トップにすることを意味します。そして、憲剛、タッピー、悠が近くにいれば何かが起きる!!といったことを期待した配置にします。

そして、ビルドアップにかける人数を減らすこと=攻撃に人数をかけることができるのです。どうしても5バック相手だと、攻撃の人数が足りなくなっていますので、思い切って2ボランチというより、1ボランチにするほうが今の川崎にはあっているのかと感じています。仮に人数が足りなくなっても、憲剛がフォローいくれば問題ありません。

以上を考えると、3-1-4-2の採用を推奨します。(ちなみに5-3-2とは意味合いが違います)

f:id:avante_iwanta:20170417003219j:plain

このシステムにすると、2列目の飛び出しがしやすくなるのと、ボールの回収がしやすくなると思います。

今の川崎は、ボールの回収率が悪いのも気になる点ではあります。もちろん疲れもあるのですけれど。

あとは、囮となる動きが少なすぎるのが気になります。こればっかりは、阿部、家長がフィットしないと厳しいかもしれません。

阿部ちゃんは、悠の相棒でも面白いかなと考えています。飛び出し&ミドルの打てるのでいい感じになることを期待しています。

 

だらだら書いてしまいましたが、今回はこの辺で。

採点

1.ソンリョン 5.5

3.奈良  6.0 

5.谷口  5.5

6.田坂  5.5

21.ネット 6.0

14.憲剛 6.0

7.車屋  6.0

22.ハイネル  5.5(▼84’)

2.ノボリ  5.0(▼90+3’’)

16.長谷川 5.0(▼71’)

11.小林  5.5 1G

 

8.阿部 6.0(△71’)

13.ミヨッシ 採点なし(△84’)

19.森谷 採点なし(△90’+3)

 

鬼木監督 5.5

 

↓ミヨッシのスタメンが見たい!と思った方、バナーのクリック&Twitterのフォローお願いします。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村