読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバンテが聴きたくて!~フロンターレのマッチレビューブログ

Jリーグ 川崎フロンターレのマッチレビューを主に書いていきます。

2016Jリーグ 1st 第4節 甲府×川崎 マッチレビュー

 いわん太です。

少し遅くなりましたがマッチレビューしたいと思います。
 
今季早くも2試合目のクリーンシート達成です!
セットプレーで得点が取れると本当に試合が楽になりますね。
 
それではこちらが本日のスタメンです。

f:id:avante_iwanta:20160321130634j:plain

図1スタメン
 
(川崎)
リョータは試合には出れる模様。
森谷の右ハーフ。
ベンチには、新井、田坂、ネット、中野、狩野、森本。
ネットが初めてベンチ入りしました。
 
スタメンは予想と同じ。
やはりクリスチャーノに注目が集まる。
 
今回はポイントととしてた
①リョータ不在の影響
②車屋の1on1
については、①はリョータが出場していたのでなしです。
 
甲府はホームということもあり、積極的プレスをかけてきます。しかし前半9分に悠がこぼれ球に反応したが倒されフリーキックを獲得。
 
そして…
 
1-0!
憲剛の芸術的フリーキック
前節に引き続きのゴールで先制!
ちなみにこの4試合は全部先制点を取りました。
 
ここからの試合展開が大切。
前節まではここでさらに点を取るために敵陣でプレーし失点しています。
 
前節までの教訓を生かしイケイケにはならず中盤で相手が食いついてくるのをあえて待ってバイタルを攻略したい意図があったと思われます。

f:id:avante_iwanta:20160321130708j:plain

図2  食いつかせるビルドアップ
 
しかし甲府はなかなか食いつかない。あくまで自分達のスタイルを貫きます。
しばらくは甲府のディフェンスラインの外でボールを回す時間が続きます。ゆったりボールエリアで回しバイタルが空いたら縦パスを入れるという先取点が取れたからこそできる試合運びを展開します。
そして図2で見てわかる通りサイドバックの谷口は低い位置におり、リスクを最小限にするポジショニングでゲームを進めます。
 
そして24分!
 
0-2!
コーナーからのこぼれ球を谷口が粘りキープ。前にいる森谷へラストパス!!
そして森谷が落ち着いて流し込み今季初ゴール!!
追加点としては申し分ない時間帯でのゴールでした。
 
素晴らしいねですね。そこまでガツガツいかない状況での追加点。
これはかなり楽になりました。
 
そしてその後はクリスチャーノのバー叩きはありましたが危ないシーンはあまりなく前半終了。
 
前半の印象としては嘉人の調子がいまいちそうでしたね。ボールがなかなか収まりませんでした。
そして注目の車屋に関しては、1on1のシーンがあまりなく甲府のスライドの速さの前に前が向けない状況が続いていました。
 
そして後半に入っても、同様な流れで試合が進みますが甲府が交代を使い流れを呼び戻そうとします。
特に25番の森選手。高卒ルーキーとは思えない堂々たるプレーで甲府の攻撃にアクセントを加えます。特に切れのあるドリブル…そのうち上位クラブへの移籍があるかもと期待できる選手ですね。そのときは是非フロンターレに(笑)
 
流れが傾きかけていましたがその流れを断ち切ったのは今乗りに乗っているこの男…
 

f:id:avante_iwanta:20160321162107p:plain

 
0-3!
憲剛のゴラッソ!!
またもショートコーナーからの得点で憲剛の一瞬の判断でファーに出すところを意表を突くシュート!!蹴る直前に足首をひねりシュートを打つという調子の良さがでているゴールでした!!
 
うーいぇい!!
 
そして、
もう後がない甲府は4-4-2にシステム変更。
 
積極的に攻撃に出てきますが川崎の守備ブロックは慌てず対応。
 
川崎は残り15分でタッピーを投入。
谷口と交代でサイドバックに車屋を戻します。
 
甲府が前掛りになっているため、カウンターチャンスになっています。
嘉人からのスルーパス、車屋からのクロスなど飛び出しの得意な悠が生きる時間帯でしたがゴールならず。惜しかったですね。
 
甲府のコーナーもソンリョンスーパーセーブでゴールを許しません。
 
そして…
0-4!
 
期待の新外国人ネットから縦パスをタッピーに入れ、森本とのコンビネーションでタッピーが復活のゴール!!
ネットはすごく楽しみにいた選手でこれからナビスコもあるしこれから出場機会は増えるでしょう。楽しみです。
タッピーも途中出場でもしっかり結果を出しました。
これからのスタメン争いも激化必死でうれしい悩みです!!
 
前掛りな相手に見事な中央突破でした。
 
そして前節のようにドキドキしながらではなく(笑)アバンテを南アルプスに響かせ試合終了。首位をがっちりキープする安定の勝利でした。
 
(総評)
試合運びが適切で得点時間も文句なし。
ほぼ自分達のペースで試合を進めることができました。
 
気になるのはリョータ、嘉人の状態。
リョータには代表欠場は残念だが今は体調優先。まずはしっかりと休息しよう。
ナビスコは代表組のソンリョン、奈良、原川、悠が不在。
嘉人も恐らく不在になると思われるのでFWが森本しかいない状態。
そろそろ若手のミヨッシーや長谷川くんチャンスがあるかも!期待してしまいます。
 
それでは採点です。
 
 

1.ソンリョン 6.5

本日は韓国代表の実力をいかんなく発揮。安定感があり終了間際もスーパーセーブがあり無失点に貢献。ブラインド問題はやはり守備ユニットの問題なのかなあ…

2.奈良 6.5

安定感が抜群。ビルドアップも問題なくこなせており完全にフィット。無失点を達成。

23.エドゥアルド  6.0

奈良とリョータとのコンビネーションはすでに問題なく確立している。攻撃のアクセントとなる鋭い縦パスおよび逆サイドへのロングフィードを今後期待したい。

18.エウソン 6.0  

守備では高い位置を取らないチームの流れを読み取り危険な飛び出しはなかった。クロスの精度の向上をもう少し期待。

5.ショーゴ 6.5 1アシスト

2点目は粘り強くボールを持ち冷静にラストパス。その後は車屋の後ろにいることをよく理解しバランスを取りながらプレー。今後、中盤も含めていろいろな役割を任せられる気がする…

10.大島 6.5  1アシスト

ビルドアップ時のクイックネスはさすがの一言。バイタルエリアでの侵入する機会が増えるとなおよい。早く怪我を直し復帰してほしい。

14.憲剛 8.0 MOM  2ゴール

前節に引き続き文句なしのMOM。ゲームコントロールを含め、いまだ衰えないチームの大黒柱。うーいぇい!!

19.森谷 6.5  1ゴール

このポジションでやる以上、目に見える結果がほしいところ。繋ぎ役だけでは物足りない。

20.車屋 6.0

1列上がったことにより逆に1on1の数が激減。今日はなかなか前が向けなかった。よりウイング的な動き方を学ぶ必要がある。谷口、嘉人とのコンビネーションが向上すればもっとできるはず。ナビスコでは人員の関係からサイドバックに戻るかと思うがまたチャレンジしてほしい。

11.悠 6.0

終盤に威力を発揮したが決めきれず。しかし終盤まで質の落ちないスプリントとボールコントロール技術を代表監督に披露。このゲーム展開ではまあまあの出来だと思う。

13.嘉人 5.5  

今日は恐らく負傷しての動きだったかと思う。ボールがおさまらないが、1列落ちての悠とのコンビネーションは光った。

9.森本 6.5  1アシスト

やはり終盤のポストプレーは川崎の大きな武器。ナビスコはおそらくスタメンかと思うので期待したい。.

6.田坂 6.5 1ゴール

短い時間さすがの一言。FW陣との連携を考えるとスタメンの最有力候補か?

21.ネット  採点なし

短時間のため採点は控えるが得点につながる縦パスを一本。川崎待望の大型ボランチ。ビルドアップに参加していたため、目途が付けばいよいよ3トップへ移行するかもしれない。次回に期待。

 

ヤッヒー監督 6.5

試合の流れを読み切り適切なタイミングでの選手交代。次回の主力のいないカップ戦で手腕を問われる。特にプレスの意識がどこまで浸透するかにかかっており、 リョータの代わりを誰にするかに注目がしたいと思います。

 

さて次はナビスコの横浜、福岡を挟んで鹿島戦です。

がんばれフロンターレ!!

 
 ↓鹿島戦は天王山!勝てば優勝できる!!と盛り上がっている方ご協力お願いします。


にほんブログ村
にほんブログ村